トップ > 「エコロジー」メニュー > プラズマクラスターイオン発生機 前のページに戻る
 

 

水 メニュー

空気 メニュー

その他


「プラズマクラスター」技術

自然界にあるのと同じ+(プラス)と−(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出。浮遊するカビ菌やウイルスを空中で分解・除去するシャープ独自の空中除菌技術が「プラズマクラスター」技術です。

*当技術マークの数字は、高濃度プラズマクラスターイオン発生ユニット搭載のプラズマクラスターイオン発生機を壁際に置いて、風量最大運転時に適用床面積の部屋の中央付近(床上から高さ1.2m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm3当たりのイオン個数の目安です。

▲上に戻る

「プラズマクラスター」技術詳細
+(プラス)と−(マイナス)のイオンで空中除菌するのはシャープの「プラズマクラスター」技術だけ

自然界にあるのと同じ+と−のイオンを放出。水分子に包まれているので長寿命。

カビ菌やウイルスの表面に付着した時のみ非常に酸化力の強いOHラジカルに変化し、瞬時に表面のタンパク質から水素(H)を抜き取りタンパク質を分解。

OHラジカルと水素(H)が結合し、水(H2O)になって空気中に戻る。

▲上に戻る

高濃度でしかも長寿命。お部屋に行き渡って強力攻撃。
「プラズマクラスターイオン」発生のしくみ

放電電極に+と−の電圧をかけて、空気中の水分子と酸素分子を電気的に分解。水素のプラスイオンと酸素のマイナスイオンを作り出します。

空気中の水分子がブドウの房のようにイオンの周りに寄り集まり、各イオンは安定したクラスターイオンになります。
「プラズマクラスターイオン」がOHラジカルを生成。
プラズマクラスターイオンは、浮遊菌の表面に付着した瞬間に、浮遊菌のタンパク質からH(水素)を抜き取る力(標準酸化電位)が一番強い「OH(水酸基)ラジカル」を生成します。
酸化物質
(H+を抜き取る物質)
化学式 標準酸化電位
(H+を抜き取る力)
水酸基ラジカル ・OH 2.81
酸素原子 O 2.42
オゾン O3 2.07
過酸化水素 H2O2 1.78
酸素分子 O2 1.23
出典:「オゾンの基礎と応用」

▲上に戻る

「プラズマクラスターイオン」の効果

■ 高濃度化でウイルス除去性能アップ

高濃度「プラズマクラスター」が浮遊ウイルスを強力に分解・除去。浮遊ウイルスを1/1000まで除去します。
・新型インフルエンザウイルスにも効果があります。

■ 付着したカビ菌の成長を抑える

浮遊カビ菌の分解に加え、サッシ枠のゴムなどに付着しているカビ菌の増殖まで抑制します。

■ 付着臭脱臭スピード 約2倍

高濃度化により脱臭スピードがアップ。約60分でお部屋にしみついたタバコのニオイを気にならないレベルまで脱臭。

■ ダニのふん、死がいのアレル物質
  分解・除去

ダニのふん・死がいなどの浮遊アレル物質のタンパク質を切断して除去、作用を低減します。

※プラズマクラスター(イオン濃度:5,000個/cm3)と高濃度プラズマクラスター(イオン濃度20,000個/cm3)との比較。

▲上に戻る

「プラズマクラスターイオン」の安全性

■ プラズマクラスターの安全性確認項目

■ 生活空間で高濃度化を実現。もちろん、安全性も確認済み。

+と−のイオンからなるプラズマクラスターイオンは、浮遊菌の表面に付着、非常に酸化力の強いOHラジカルに変化し、浮遊菌の表面のタンパク質を物理的に分解・除去。空気中に浮遊している間は自然界にあるのと同じ種類のイオンだから、生活空間で高濃度化が可能です。

GLP(優良試験所基準)とは、化学物質等の安全性評価試験の信頼性を確保するため、試験及び試験操作の
 手順書などについて定められた基準です。

▲上に戻る

「プラズマクラスターイオン発生機」の種類

■ 業務用イオン発生機
   30畳
 「IG-840」

会議室、ホールなどの大空間の空間除菌に

こちらから直接ご購入いただけます。

■ 業務用イオン発生機
   14畳
 「IG-820」

事務所内、飲食店などの空間除菌に

こちらから直接ご購入いただけます。

■ 天井埋込型イオン発生機
   天井埋込 6畳
 「IG-9B10A」

寝室、子ども部屋、書斎などに

こちらから直接ご購入いただけます。

台数がご入り用でしたら弊社まで直接お問い合わせ下さい。

● プラズマクラスターイオンに関するプレゼンテーション用資料を公開しました。ご利用下さいませ。

● これらの商品は、安定して高濃度プラズマクラスターイオンを放出するために定期的にプラズマクラスター
  イオン発生ユニットの交換が必要です。
総運転時間 約17,500時間(1日24時間連続で運転した場合、約2年)です。約19,000時間(約2年2ヶ月)経過すると
  運転が停止します。

▲上に戻る

 

 
 

| 会社概要 | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | サイトマップ |

Copyright (C)1999 Kitakyushu-Kucho Corporation ,(C)2001 KITAX Corporation All right reserved.