Ecology-air-


空調ダクト清掃工事




空調ダクト汚染に関わる諸問題を解決するため、長年の研究を重ねた「KITAX工法」によって調査から、清掃施工、報告、アフターケアに至るまで徹底した工程管理のもと、当社技術社員の緻密な計画施工により完全遂行しております。



調査

物件ごとに、現場担当者を中心とし4名にてスタッフを組み入念な現場チェックを行う。

1. 天井開口位置及び寸法
2. ダクト開口位置及び寸法
3. ダクト閉塞板取り付け位置及び寸法
4. 集塵ユニット用ダクト取り出し位置及び寸法
5. 集塵ユニット設置位置と電源の確保並びに配線ルート距離
6. 吹き出し口器具(アネモ・レジスター・ブリーズライン他)の洗浄場所
7. エアーバッグ使用寸法

以上の最適な位置及び寸法を決定し、コピーのダクト図面に色分けし調査シートを作成する。


養生

工事中は、設備機器・計器類・OA事務機器・通路等の養生を十分に行い、安全に工事を遂行するため作業管理を徹底します。

1. 通路:PPCシート(ブルー)にて養生
2. 清掃工具置場:PPCシート(ブルー)にて養生
3. 作業実施場所:PPCシート(透明)にて養生
4. 天井開口部:簡易間仕切りを設置
5. 吹き出し口開口部:清掃作業に従い仮設間仕切りを設置
6. 集塵ユニット:ベニア・コンパネにて養生。
7. 電源ユニット:電源分岐後は規定のブレーカーBOX取付、配線ルート確保





清掃

ダクトの清掃を行います。(ダクトの性質により清掃方法が変化します)

「KITAX工法」の中核をなす「A.D.C工法」にて清掃を行います。


A.D.C工法

分岐した特殊な形状のノズル(エアダスター)の先からエアーコンプレッサーにより空気を送り込みバタつかせながら埃を除去していく工法です。丸ダクトや角ダクトなどダクトの形状に関係なく高い清掃効果が得られます。


吹き出し口(アネモ・レジスター・ブリーズライン他)の器具解体洗浄整備を行います。

アネモの器具とダクトとアネモ間の単管を取り外し調査シート通りに所定の洗浄場所へ器具を運搬し、グリルを薬品中圧洗浄します、シャッター整流器は開閉しやすい様に整備し保温材を取り替えた上、シャッター開土を元の位置に調整してボルト類を新しくして取り付けます。錆が発生した器具に関してはタッチアップにて塗装補修を行いますが、グリルが変形したりして美観が著しく悪い器具は更新をお薦めします。

ダンパー(FD・VD)の清掃整備を行います

ダンパーはダクトに取り付けたままで整備清掃致します。 天井点検口から設置場所まで進入しダンパーの前後に掃除口を新しく設け、小型真空掃除機で清掃します。 又、ダンパーの羽根が容易に動作するよう無臭性オイルを注入し温度ヒューズは交換致します。 開口部の復旧は前項と同様です。

ダクト清掃仕上げと消音材を内張下ダクト、チャンバーの清掃または内張材の張替を行います。

300mm×400mm以上のダクトに於いては作業員が仕上げ用ウェスを持ってダクト内に入り仕上げ清掃とダクト内除菌を行うと共にエアー漏れ等の点検と写真撮影を行います。ダクトやチャンバーの消音材を内貼り施工している箇所は砂や錆が残りやすい為、作業員が大型真空掃除機のホースを持ち込み仕上げ清掃を行います。特に内貼り保温の継ぎ合わせ部分は綿埃や砂が入り込んでいる為、丹念に清掃します。一般にモルトプレンの内貼りは風化によって著しく痛んでおりますので基本的にはグラスウール板にステンレスパンチング押さえ仕様へ張替をお薦めします。亀甲金網を使用している箇所で腐食の激しい箇所は取替します。